看護師とは

看護師になるためには、まずその職業というものがどういうものだというのを理解しなければいけません。 看護師というのは、厚生大臣の免許を受けて、傷病者若しくは、 褥婦に対する療養上の世話又は診療の補助をなすことを業とする者と「保健師助産師看護師法」に記されています。つまり国家資格になるわけです。また看護師には正看護師と准看護師がいます。両者は正看と准看と呼ばれ、区別されています。准看は国家資格ではなく、都道府県での試験に合格し、知事より交付された免許になります。

その他にも、日本看護協会認定看護師認定審査に合格し、ある特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を有することが認められた「認定看護師」や、日本看護協会専門看護師認定試験に合格し、ある特定の専門看護分野において卓越した看護実践能力を有することを認められた「専門看護師」が存在します。どちらも正看の免許を持っている人が前提となっているいわば、看護職で専門性の高い特別資格なのですが、准看の場合はそれとは違います

。 准看の定義として「医師、 歯科医師又は看護師の指示を受けて、前条に規定することをなすことを業とする者」となっています。つまり正看は医師の指示なしで業務を行え、准看は医師または正看の指示なしに業務は行えないのです。これが正看と准看の一番の違いだといえます。 ですが資格に関係なく、どちらも命を預かる大切な仕事だということには変わりはありません。

正看護師になるには

看護師になるためには、看護師国家試験に合格しなければいけません。そのためにはまず、受験資格を得なければいけません。 看護師試験は、厚生労働省による国家試験ですので受験資格は、厚生労働省のHP・・・

ページタイトル

看護師になるためには、必ずしも直接正看護師になるだけが道ではありません。准看護師になり、それから正看護師になるという方法もあります。 一番早く看護師になるには、衛生看護科のある高校を受験することです。高校卒業時に准看護・・・